デスクワークの敵!腰痛対策

デスクワークをしていると1日座りっぱなしなので、立ち仕事とは違った体への負担がありますよね。座り続けていることによって腰に負担がかかるのです。なぜ座っていると腰に負担がかかってしまうのか、腰が疲れるのか、不思議に思うかもしれませんが、仕事に気をとられているときはあまり感じない人も多いですが、いざ帰ろうとしたら腰が痛いという人は多いのです。

ずっと同じ姿勢でデスクワークをしているわけですし、そしてよい姿勢を保っていればいいのですが、段々姿勢は悪くなってきます。よい姿勢で座り続けて仕事をするとなると意識をしていればできるかもしれませんが10分と持たない人のほうが多いかもしれませんね。腰の筋肉をずっと働かせて座っていなければいけませんが、大半の人が猫背で腰に負担をかける姿勢で仕事をしているケースが多いのです。ですから背中の筋肉は緩んでリラックスしていますが腰への負担ははかりしれないのです。

では腰の負担をできるだけ和らげるためにはどうすればいいのでしょうか。猫背の姿勢で筋肉がリラックスしているのは楽ではありますがそれでは1日その姿勢をしていると腰に負担がかかるのも避けられません。同じ姿勢を1日していると血液の流れも悪くなりますので腰痛だけでなく肩こりや眼精疲労なども起こすこともありますから大変なのです。こうした筋肉に対しての負担を避けるためには腰痛体操がお勧めです。ではここでデスクワークの大敵の腰痛を改善させる腰痛体操を紹介します。

まず右手と左手をおなかの前にそえてそしてへそとみぞおちの部分に左右の手が平行になるようにして沿えてください。そして頭を天井から引っ張られているよう名感覚で背筋を伸ばして腰をまっすぐにしましょう。このとき腰はあくまでもまっすぐです。そらせてはいけません。そして腹筋に力を入れて左右の手が近づくような感覚で腹筋に力を入れてみてください。腰を丸めないでおへそを見る感じです。このようにしていれば、何度か繰り返しているうちに腰の筋肉に力が入るので、腰の負担が和らいで腰痛対策につながります。

デスクワークをしているとなれない間は腰痛や肩こりとの闘いになるかもしれませんが、適度に休憩をして、そして同じ姿勢を保たないようにしてストレッチや体操をしていくといいでしょう。