システムエンジニア

ここでは、システムエンジニアの業務内容をご紹介したいと思います。
システムエンジニアはさまざまな分野のコンピュータシステムの開発を手がける技術者です。
基本設計や詳細設計、要件定義などの上流工程の仕事から、プログラミングやテスト、受注先への納品、保守や運用管理などの下流工程までの仕事まで、コンピュータのシステム開発の全ての過程に携わっています。

コンピュータのシステム開発の総監督のような仕事で、システム開発には欠かすことができない技術者です。
技術力はもちろん必要ですが、プログラマーなど他の技術者やお客さまと頻繁に打ち合わせを行いますので、交渉力やコミュニケーション能力も必要になります。
システム開発全体を統括しますので、経営センスなども必要です。

お客さまとなるコンピュータシステムを導入する企業は、業務改革を行うためにシステムを導入します。
お客さまのニーズと要望を的確に汲み取り、お客さまの会社の業務改革や経営革新に貢献するシステムを創造することが大切です。
一度システムを納入すれば、そのお客さまとは、継続的な取引になります。
システム開発の会社とお客さまとの橋渡し的な立場で仕事を行うことになり、とても責任が重い仕事ですが、やり甲斐と達成感を感じられるお仕事です。

システムエンジニアはSEとも呼ばれています。
実際の仕事の現場では、SEと呼ばれることの方が多いです。
高い技術力と経営センス、交渉力、コミュニケーション能力のある人は、20代の若手社員でもプロジェクトリーダーを務めることも多く、実力主義が徹底しています。

30代の後半で部長などの管理職に就く人も大勢います。
いろいろと神経を使う仕事で、時には徹夜作業になる場合もありますので、強靭な精神と体力が必要です。
体力の面では若い人ほど有利ですので、若者に向いている仕事です。

平均年収は約600万円で、年収1000万円を超える人もいます。
実力次第でどんどん年収を増やすことが可能です。独立してフリーの立場で仕事をすることもできます。
この仕事の魅力は、大勢のユーザーが使用するシステムの開発を行い、人や社会に大きく貢献でき、やり甲斐と使命感を持って仕事に打ち込むことができるという点です。

また幅広いいろいろな職種の人と接しますので、視野が広がり、人間的な魅力も高まります。
この仕事で大変なことは、突然、仕様変更をしなくてはいけなくなったり、急いで修正をしなければいけない時などは、徹夜作業になるなど、体力的に厳しい点などが挙げられます。