介護事務

おすすめのデスクワークの2つ目は介護事務です。介護事務の仕事も医療事務に似ているのですが医療事務が医療機関などに特化しているのに対して介護事務は介護関係の施設や介護サービスを提供しているところなどでデスクワークをすることができる専門的な知識を身につけることができるのが特徴です。介護事務の仕事は主にレセプト作業をしたり、電話の対応、受付などがあります。ではもっと具体的に見ていきましょう。介護事務の仕事のメインはレセプトを作成することですが、それ以外にも受付の事務や電話の対応もありますし、ヘルパーさんたちのシフトを管理したり備品のチェックをするなど、事務作業全般的に受け持つことになります。年齢は関係ないですし、結婚、出産などで一時的に仕事をやめたとしても復帰しやすい職場であること、長期的に仕事があるということもあり今デスクワークの中でもとても人気です。

高齢化社会ですので、介護施設も増えてますし、介護サービスもいろいろとありますから、介護事務をする人の需要はとてもあります。介護事務のデスクワークの仕事をするためには専門的なスキルが必要ですから、通信講座を受けて資格を取得している人も多いでしょう。介護事務の資格を取るためには通信講座を受けたりスクールに通ったりする必要がありますが、専門的な知識を学べば仕事をすることができます。

介護事務の仕事に必要なスキルといえばやはり複雑化している介護保険に関する知識を身につけることが1番大事です。介護保険制度というのは2000年から始まりましたがとてもわかりにくいのです。医療事務とよく似ているようで実は介護保険は介護度により保険の適用が違ってきますし、受けることができる介護サービスの内容も違っているので、それを踏まえたうえで事務を行うことになりますのでとても複雑です。一人ひとりの利用者の状況を知った上でそれぞれの家族の状況も把握しなければいけないのです。とてもやりがいがあり、介護の仕事は人のため社会のために役立っているという気持ちになりますので、人のために働きたいと思っている人にとってはデスクワークの介護事務はぴったりかもしれませんね。パートでも正社員でも雇用はあるのでおすすめです。