デスクワークの集中力をアップさせる方法

デスクワークを長時間していると集中力が切れてしまうこともありますが、集中力をアップさせる方法をここでは見ていきたいと思います。まず作業をする前にコーヒーを飲むと集中力アップにつながりますし、それだけでなくリラックス効果もあることがわかっています。コーヒーの中にはカフェインという成分が含まれているのですが、カフェインは脳を覚醒させるだけじゃなく香りがリラックスさせてくれます。全米コーヒー協会の調査でもコーヒーを飲むと活力がアップすると感じる人が多いことがわかりましたし、認知機能のアップ、短期記憶力のアップ、集中力のアップにもつながることがわかっています。それから職場によってはあからさまにガムをかむことは禁止されているかもしれませんが噛むという行為が集中力をアップさせることもありますので、20分程度ではありますが、集中したいと思っている人はガムをかみながら作業してもいいかもしれません。そしてとにかく作業に取り掛かること、それが一番です。面倒だと思ってやるのが億劫に鳴っている場合でもやる気、集中力は待っていても一向に起きるものではありませんので、とにかく作業をスタートさせてみると次第にやる気も集中力も出てくることもあります。

デスクワークの中にはとにかくやりたくない、集中力がなんとなくないから後回しにしたいと思える仕事もあるかもしれませんが、着手することが大事です。脳には作業をすることによって興奮して活発に動かすやる気につなげる興奮を起こす働きがあります。作業興奮といわれているのですが、これは作業をしなければ動き出しませんのでとりあえず作業をすることが大事です。

そして集中できるすわり方をすることも大事です。集中力がびっくりするほど継続する正しい座り方があります。簡単に実行できることとしてはいすに深く座って、机といすの間を開けすぎないこと、これだけ意識して座って作業をしているだけでもかなり集中できます。ひざの角度と腰の角度が直角になっていて背筋が伸びるだけでもデスクワークの集中力はアップするのです。

そしてスマホやパソコンでメールアラートなどを設定している人は、メールアラートなどはすべてオフにしておきましょう。リアルタイムにコミュニケーションが取れるのは時として便利ではありますが、集中力を邪魔することにもなります。仕事中はこれらのアラートをオフにしておくことで集中力を妨げることを排除することができるでしょう。