デスクワークの気分転換方法

1日中デスクワークをしているともうだめだ~と挫折しそうになることもあるのではないでしょうか。特に仕事で行き詰ってしまったとき、何かちょっとしたことがきかっけになり集中力が途切れて挫折しそうになりますよね。でも挫折して仕事が進めばいいですが、挫折した分時間がどんどん過ぎるだけで仕事が残る一方です。そんな時は、気分を入れ替えて、早くリセットして仕事に戻らないといけないはず。そんな時気分転換が大事です。気分転換をするときはどんな方法で気分転換をしていますか?実際デスクワークをしている人に気分転換の方法を聞いたところ、もし気分がめいったり、出来ないと思ったときは、外出をするみたいです。外出をするだけで気分が軽くなるようなので、いつまでもイジイジしていないで、ここはさっぱり一度席からたって外の空気を吸いに行くのもいいかもしれません。外に出るだけで気分転換になります。

ですが人によっては外に出る用事がないので、外に出られない人もいるでしょう。そうなると一日中デスクの前にいて作業をしているだけになりますので、その場合の気分転換の方法としていい方法はあるのでしょうか。多くの人が疲れたら甘いものを食べるみたいです。デスクの机の中に甘いものを入れておいて、疲れたら食べればいいという安心感が常にあるので、心の支えになるみたいですから、甘いもの補給をするといいかもしれません。それから行きたくなくてもトイレに行ってみるとか。

トイレに行くだけでもデスクから離れますので、ちょっとした気分転換になるでしょう。手を洗ってさっぱりするだけでも気分転換になりますからやってみるといいですね。もしタバコを吸う人で、オフィスに喫煙ルームがあるなら、そこへ行ってタバコをすって気分転換するのもいいかもしれません。最高の気分転換になります。それから可能なら場所を変えて仕事をするのも気分転換になりますよ。デスクワークでパソコンがノートパソコンなら移動可能でしょうから、ちょっとノートパソコンを持って誰もいない会議室で勉強をしてみたり、待合に誰もいないなら、待合で仕事をしたり、とにかく場所を変えるとそれだけで仕事がはかどることがあります。後は簡単にストレッチですね。ストレッチはするだけで気分転換になりますし、リラックスできるのでお勧めです。

一番いいのはその作業からいったん離れてみることですね。5分でも10分でもいいので離れてみるといいと思います。