デスクワークの味方「エルゴノミクス」とは

エルゴノミクスとは

エルゴノミクス(Ergonomics)とは、日本語でいうところの「人間工学」という意味で、同じような用途として「ヒューマンファクター(Human Factors)」という言葉が使われたりします。

パソコンが登場し私達の生活に使用されるようになって既に数十年がたちましたが、技術面で大きな進歩をしているのとは裏腹に、決して人にとって使用しやすい形状のものになっているとは言いがたいところがあります。

そこでエルゴノミクスでは、人と機械が関わっていく時により健康面に影響を与えにくいような、使いやすく体に馴染んだデザインにするべきという思想のもと、それまでとは違った発想で製品を作るようになっています。

日本では「日本人間工学会」を中心に国際的な基準に合わせた製品を国内で提供できるような活動を行っています。

エルゴノミクスデザインのPCアクセサリ

エルゴノミクスによるデザインの製品はパソコンまわりのアクセサリに多く登場しています。

例えばマウスなどは多く使用していると手首に大きな負担がかかり、腱鞘炎のもとになってしまいます。

そこで握ったときに手首が不自然な形に曲がらないよう曲線や使用方法を考えたエルゴノミクスデザインの製品がいくつか販売されています。

他のマウスと比べてかなり形状が複雑に思えますが、一度使用してみるともう手放せないほどの快適さがあるのでぜひ一度試してみてもらいたいです。

マウス以外にもキーボードでも、使用するときにより使いやすいようにと曲線を意識してつけた製品があります。