デスクワークでも注意?エコノミークラス症候群

皆さんは、エコノミークラス症候群をご存知でしょうか。
エコノミークラス症候群は、正式には「肺塞栓症(はいそくせんしょう)」または「肺動脈血栓塞栓症」と呼ばれています。
これは、飛行機、のエコノミークラスのように狭い空間に長時間座り続けることによって脚の静脈に血栓が出来、その血栓が血管を流れて肺動脈を塞いでしまう病気のことです。

正常に酸素を取り込めないために、息苦しさ、背中・胸・足の付け根の痛み、発熱などの症状が起こり、酷い場合には失神してしまったり、最悪の場合は死亡してしまったりするケースもある、恐ろしい病気です。
このエコノミークラス症候群は、飛行機の中だけでなく、電車や車のように同じ姿勢で長時間座らなければならない状況下にある場合は、どこでも同じように発症するリスクがあります。

それは、デスクワークをしている方も例外ではありません。
また、体質的に血が固まりやすい人や、他の疾病を抱えていて血流の悪い人は血栓ができやすいので、日頃からの注意が必要です。
妊娠中の方や肥満している方、病院で入院していてベッドに寝たきりの状態の方も発症のリスクが高いため、不安がある場合は、医者へ相談しておくと良いでしょう。

エコノミークラス症候群の予防で大切なのは、マッサージと水分補給です。
忙しいからといってずっと座りっぱなしでいるのは体に良くありません。
適宜に休憩を取り、足首を回す、足指を広げたり狭めたりする、爪先を上下する、ふくらはぎをマッサージするなど、足を動かす運動をこまめに継続して行うことが最大の予防となります。

また、水分補給をしないと血液が濃くなり血流が悪化することによって、血栓が出来やすくなってしまいます。
その際は、カフェイン飲料やアルコール類は利尿効果があるため飲んだとしても逆効果になってしまう場合があるので、飲むのを控えた方が良いでしょう。
体を締め付けないゆったりとした服装をする、靴下やストッキングは血行をよくするタイプのものを選ぶといったことも、予防に効果があります。

語源である長時間の飛行機搭乗よりも、長時間のオフィスワークをしている方がずっと発症のリスク可能性が高いと言われるこの症候群。
仕事に熱心なのは結構ですが、体を壊してしまっては元も子もありません。
他人事だと思って注意を怠ることなく、気分転換を兼ねてこまめに休憩を取り、水分補給と併せて、足のストレッチをするように心掛けましょう。