正しいタイピング方法

タイピングにも正しい方法がある

最近はパソコンを使う機会も様々な職場で多くなっていますが、パソコンを使用する際に必ずと言って良いほど必要になるのがタイピングです。
文章を入力するのには必須のスキルですが、意外と自己流でやっている方も多いスキルです。
ですが、タイピングには正しい方法もあるので、本格的にタイピングを学びたいという方は正しい方法をマスターする必要があります。

正しい方法は理にかなっている方法なので、慣れるとよりスムーズにタイピングができるようになります。
クセのある方法だと、どこかで限界が来てしまいますが、基本に忠実な方法だと応用も利きやすく、よりスピーディなタイピングができるようになるのです。
ここでは正しいタイピング方法についてご紹介していきます。
最初は違和感を感じて慣れない事も多いと思いますが、ぜひじっくりと取り組んで改善してみるのもお勧めです。
きっとその先にはこれまでのタイピングとは違った新しい世界が開けているはずです。

ホームポジションを確認しよう

タイピングの基本はホームポジションの確認から始まります。
何気なくキーボードに両手の指を置いている方も多いと思いますが、実はホームポジションという指を最初に置く位置が決まっています。
両手の人差し指がポイントになり、左手の人差し指はFに、右手の人差し指はJに添えるのがホームポジションです。
まずはこの位置に自分の指が正しく来ているかを確認しましょう。
タイピングをする前にまずはこのホームポジションに指があるかを確認してからタイピングを始めると、より間違いの少ないスムーズなタイピングをする事ができるようになります。

また、ホームキーを確認する事も大切です。
ホームキーは他の指を置く位置です。
左手ではFを右端としてDSAのボタンに順番に指を置いていきます。
また、右手も同じようにJを左端としてKL、コロンの位置に置くのがホームキーのポジションです。
これが基本の手の置く位置となり、スムーズなタイピングを助けてくれるとともに、見た目にもきれいなタイピングをする事ができます。

何気ない所かもしれませんが、こうした細かな所にこだわる事で精度の高いタイピングができるようになるのです。
たかがタイピング、ですが、されどタイピングです。
ホームポジション、ホームキーは一度理解すればその後は簡単に行なえるようになるので、ぜひこれを機会に直してみるのも良いでしょう。

タッチタイピングソフトで練習を

こうして正しいポジションが確認できたら、あとはそれに慣れていく事が大切です。
タッチタイピングのソフトがあるので、それを使って練習していくと良いでしょう。
何度も繰り返しタイピングしている事で自然に慣れていく事ができます。